<< 藤     ボストンにて:偶然にしてはよく... >>